ぷるぷる肌

イメージ画像

ぷるぷる肌のための完全ガイド

赤ちゃんのようなぷるぷる肌、ハリと弾力のあるお肌は女性なら誰もがあこがれるものです。

年齢のせいだからお肌にハリがなくなのは仕方がない、しわやたるみもあきらめかけている。

でも私と同じ年のアノ人はどうしてあんなに若々しいお肌なの?

同じ年齢同士でも見た目の年齢は全然ちがうなんてよくある話。

そんな見た目年齢を大きく左右するのがお肌のハリ、ぷるぷるしたハリのある肌であるかどうかなんです。

では、ぷるぷるの肌、ハリと弾力のある肌になるためには具体的にどんなケアが必要なのでしょうか。

ぷるぷる肌、ハリと弾力のあるお肌は

①お肌の最も外側にある角層でしっかりと水分がキープされ、うるおいを保っていること。

②お肌の奥の真皮層にハリと弾力を生み出すコラーゲンが十分に存在し、なおかつ柔軟性を保っていること。

このような状態であれば、お肌はぷるぷるなのです。

角層の保湿物質であるセラミドを補うこと

うるおいのある肌とは角層にある保湿物質のセラミドが、体の中から湧き出る水分をしっかりと抱え込んで保持している状態です。

年齢を重ねるとお肌が乾燥しやすくなるのはこのセラミドの量が減っていくからです。

お肌にうるおいを与える保湿ケアというと、せっせと化粧水を塗って外側から水分を補給するものと考える方が多いのですが、外側から水分を補うだけでは、お肌に水分が浸透する前にほとんど蒸発してしまいます。

これではまたすぐに乾燥してしまって、なかなかお肌がうるおっているとは実感できないでしょう。

ですから、うるおいを実感できる保湿ケアとは、外側から水分を補うのではなく、体の中から湧き出る水分をしっかりキープするセラミドを補うことなのです。

真皮層でのコラーゲンの再生産を促すこと

コラーゲンは真皮層でちょうどベッドのバネのように構成されていて、ハリと弾力を生み出していますが、年齢を重ねるとコラーゲンの柔軟性が失われたり、バランスが崩れていきます。

またコラーゲンそのものも減っていきます。

これはコラーゲンを生み出す肌細胞の機能がだんだんと衰えていくため、古いコラーゲンと新しいコラーゲンとの入れ替わりのペースも遅くなることが主な原因です。

また、紫外線の影響やその他の様々な生活習慣やストレスなどで肌細胞が酸化することでもコラーゲンの再生産の力が衰えますし、コラーゲンのバランスの崩れを招くといわれています。

こうしたことをふまえると、コラーゲンを補うだけでなく、コラーゲンを生み出す肌細胞の活性化と酸化を防ぐ必要があります。

セラミドとコラーゲンを補い肌細胞の活性化と酸化を防ぐ化粧品

松田聖子さん、松たかこさんのCMでもおなじみのフジフィルムの「アスタリフト」。

「アスタリフト」はフジフィルムの独自のナノテクノロジー(微細化技術)でお肌への美容成分の浸透力アップにこだわったエイジングケア化粧品です。

ぷるぷる肌を手に入れたい方におすすめの「アスタリフトベーシックトライアルキット」は肌細胞の酸化に徹底的に立ち向かう強力な抗酸化成分のアスタキサンチン、リコピン、レスベラトロールを配合。

また、より浸透しやすい人の肌にあるセラミドと同じ型のセラミドを配合。

それぞれの成分はお肌のすみずみまでしっかりとしみ込むようにフジフィルムの独自技術でナノ化していますから、うるおいを実感できるまでのスピードが違うと口コミでも高評価です。

これらに加えてお肌の奥からハリと弾力をしっかりと呼び覚ます3種のコラーゲンもたっぷりと配合しています。

ぜひ公式ページでその実力と口コミの詳細を確認してみてください。

新着情報

2015年7月26日
知識
ぷるぷる肌のためのたるみ解消術のページを追加しました。
2015年7月15日
知識
ぷるぷる肌のための食べ物のページを追加しました。
2015年7月6日
知識
ぷるぷる肌のためには水分補給が大切のページを追加しました。
2015年6月26日
知識
正しいマッサージでぷるぷる肌にのページを追加しました。
2014年11月10日
知識
ぷるぷる肌のための生活習慣のページを追加しました。

女性にとって理想のお肌は赤ちゃんのあのぷるぷる肌。あかちゃんは全体の80%以上が水分ですが、人間は年齢とともに次第に水分が減っていき、20歳を過ぎたころには70%程度に、60歳前後で50%程度にまで減少するといわれています。こうしたことからも、年齢とともに減少する水分をしっかりとキープすることがぷるぷる肌のポイントです。水分保持だけでなく、お肌の細胞を活性化させることも若返りには大切です。古い細胞と新しい細胞との入れ替わりがスムーズであれば、老化のスピードを遅らせることができて、すこしでも長くぷるぷる肌を実感できるはずです。